本文へスキップ
HOME 診療のご案内 外来のご案内 入院のご案内 病院概要 お問い合わせ リンク
仙骨裂孔ブロック・硬膜外ブロック
目的
 症状の原因になっている神経の周囲に薬剤を浸潤させて疼痛を軽減させるために行います。
方法
 点滴を行います。体位は腹臥位あるいは側臥位で、側臥位の場合は腰・背中を曲げた姿勢になります。針の刺入部(臀裂下部)を中心に消毒します。腰の後ろから針を刺し、硬膜外腔に薬剤を注入します。注射後は15分程度、横になったままでいてもらいます。
使用薬剤
局所麻酔剤
少量のステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)
副作用
  • 注射
  • ステロイドのため、しゃっくりが出ることがあります。
  • 一時的に血圧が下がることがあります。
  • 麻酔剤を入れますので、一時的に神経が軽く麻痺することもあります。
    キシロカインという麻酔剤によるショックが、大変稀ですが発生することがあります。
硬膜外造影
薬剤を注入すると写真のように薬が入ります。年齢が高くなるとつまって十分に入らないことがあります。

写真

 
 硬膜外造影後、造影剤が注入された写真
 
当院での治療・検査
 
ご案内
 
手術・検査のご案内
 
部門紹介
 
関連施設

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820