本文へスキップ
HOME 医師紹介 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


ごあいさつ
 病診連携や病々連携を大切にして治療に当たっています。入院治療や手術が必要な患者様を引き受けて治療を行っています。主だった病気は自然経過がほぼわかっていますので、まず、今までのデータを患者様に説明いたします。
 入院治療は、ブロック注射や点滴による保存的治療(手術以外の治療法)で症状が軽くなる場合が多い病気には、患者様と御家族に治療方針を説明した上で、保存的治療をまず、うけていただきます。期待どおりに症状が軽減しない場合や、社会的な状況から治療に時間を割けない場合には手術に移行することになります。
 症状が進行することが明らかな病気や、現在すでに日常生活動作が障害されている場合には手術をお勧めいたします。病気ごとに、手術の内容と危険性、手術で得られる効果を説明した文書、ビデオを用意してありますので、その文書に基づいて説明いたします。
 脊椎の病気の多くは年齢によって生じる病気です。これらの病気の特徴は、じっとしていれば差ほどの苦痛を感じませんが、いざ活動しようとすると痛み・シビレ感などがひどくなり、その結果、人の活動性を奪うことです。そのために、からだの筋肉、特に下肢の筋力が弱くなり、歩行能力が低下します。糖尿病や高血圧などの、運動を必要とする内科の病気に立ち向かうことが困難になり、からだが衰えます。この悪循環を断ち切る方法が手術です。
 手術の危険性は二つに分けられます。手術を受ける部位の危険性と、麻酔や手術の侵襲などによる全身の危険性です。手術を受ける部位の危険性は、その手術に慣れた医師や施設を選ぶことにより低くすることができます。全身の危険性は、高血圧や心臓の病気などの循環器疾患、糖尿病などを普段から運動などを通じてコントロールしておき、いざという時に備えておくことで低くすることができます。これらのことから、脊椎脊髄の病気のために歩行能力がすでに低下している場合や、確実に進行しつつある場合は、背骨の手術をお勧めする大きなポイントになります。
 手術方法はできる限り、からだへの影響が少ない方法(最小侵襲手術・Minimally invasive surgery)を採用しています。手術用の顕微鏡などを積極的に利用して、手術の規模を小さくするように努めています。
 からだの中で背骨が果たす役割は二つあります。脳から全身にはりめぐらされた神経の入れ物としての機能と、からだを支える機能です。神経の入れ物としての機能が損なわれた場合には神経の除圧手術が必要になります。他方、からだを支える機能が損なわれた場合には、からだを支える機能を再建する手術が必要になります。これらの両方を使い分けて手術を行っています。


 
ご案内
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820