本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


腰椎後方除圧(拡大開窓・椎弓形成・椎弓切除)

腰部脊柱管狭窄症
 腰骨の椎間板は背骨と背骨の間をつなでクッションの働きをしています。しかし、年齢を重ねることや、腰部への負担が大きすぎることにより、椎間板は次第に機能を果たせなくなってきて(変性して)、一部の椎間板は破綻してきます。腰部脊柱管狭窄症は、椎間板が支えきれなくなって「お餅」を上下から押しつぶしたようになった結果、後ろにも出っ張って椎間板の後ろにある神経を圧迫した状態です。椎間板の高さが減ることにより、神経の後ろにある黄色靭帯という名の靭帯がたるんで神経を後ろからも圧迫します。(下図)
 
 腰部脊柱管狭窄症では神経が圧迫される結果、その神経が支配している臀部や下肢の痛み・しびれ・筋力低下などの症状が引き起こされます。重症になりますと排尿障害や肛門周囲の感じがおかしくなります。

 症状の典型例では、まっすぐに立った状態で20〜数100m歩くと足の痛みやしびれなどの症状が出てきて歩けなくなり、椅子に腰を下ろす動作や腰を曲げて休むことにより症状が軽くなり、また、歩けるようになる症状が出ます。「間欠性跛行」と呼んでいます。これは狭窄がある部位を前に曲げることにより神経の圧迫が減ることによります。ご本人は自転車ならいくらでも乗れるとか、スーパーへ買い物に行ったときにカートを押せばいくらでも歩けるなどの状況を、よく自覚していらっしゃいます。これらは、すべて、狭窄がある背骨の間を前に曲げると神経の圧迫が少なくなることの現れです。
 

目的と手術方法
 この手術の目的は、狭窄がある背骨の間で骨や靭帯を取り除いて、腰痛や殿部痛・下肢の痛み・しびれを軽減させることです。年齢による椎間板の変性自体を治すことはできませんので、この手術で椎間板自体を若返らせることはできません。あくまでも狭窄した状態にある背骨の間で神経の圧迫を取り除いて症状を緩和させる手術です。

 手術のキズは、腰のまん中に4〜10cm程度の長さで縦にできます。キズの長さは除圧する場所の数によります。
 腰の筋肉を傷つけないほうが望ましいので、真ん中の骨を縦に切って行う方法や、片側から行う方法など、数種類の手術方法がありますが、安全に除圧することが目的ですので、除圧が必要な範囲や場所により、これらを使い分けて行います。皮内縫合で皮膚を縫います。

 手術後は、原則的には早く離床していただきます。通常の場合、この手術では次の日にドレーンを抜いて、座位・歩行などを始めていただきます。

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820