本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


中高齢者の脊柱後弯矯正手術

 背骨がつながっている状態を柱に見立てて脊柱と呼んでいます。生理的は脊柱の弯曲とは、背中では後ろ凸、腰では前凸の弯曲があり、前から見るとまっすぐな状態です。背骨が後ろに曲がり過ぎた状態(ねこぜがひどくなった状態)を脊柱後弯症と呼んでいます。原因は、椎間板が体を支えられなくなったことのほか、背骨の圧迫骨折や背筋力の低下です。
   
 図1 中高年の方に見られる脊柱後弯症 図2 後方からの矯正固定 

目的と手術方法
 この手術の目的は、脊柱後弯を矯正固定して、より楽な生活を送れるようにすることです。具体的には、後弯の進行を止めること、脊柱変形による背中の痛みを軽くすることです。高齢の方で後弯が進行しますと、逆流性食道炎や腸閉塞などの内臓の障害がおこることは良く知られています。

 チタン合金製のインプラントを使って背骨の配列を正常に近い状態にします。必要に応じて椎間板や背骨の一部を切り取って背骨の配列を治すことも必要になります。そののち骨盤からもらった骨を背骨に植えます。金属は、骨がついて体を支えられるようになるまでの期間、体を支える役割を果たします。腰骨の脊柱変形の場合には、椎間板を取って変形を矯正する場合があります。
 
 原則的には早く離床していただきます。

 ご高齢の場合、心臓などの状態が良くなければ全身麻酔の手術を受けられない場合があります。見方をを変えますと、普段から活動的な生活を送ることが大変、重要です。

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820