本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


胸椎後方除圧手術

 背骨のうちの背中の部分を胸椎と呼びます。胸椎後方除圧手術(胸椎椎弓切除・椎弓形成)は胸椎の後方部分を切除する手術です。切除する目的は、神経の本幹である脊髄に対する圧迫を取り除くことです。
 椎弓切除は背骨の後ろの部分を全部取り除く手術(図2)です。椎弓形成は後ろの部分の骨を一部残して支持性が低下しにくいように工夫した手術です。いずれの手術を行うかは、病気の種類や、手術が必要な範囲によって決まります。

 この手術が利用されるのは、椎間板ヘルニアや後縦靱帯骨化症のように前方から脊髄を圧迫する病気のほか、化膿性脊椎炎・結核性脊椎炎で脊椎が圧迫される病気、脊柱管内に生じた血液の塊(血腫)による脊髄の圧迫、黄色靭帯骨化症(図1)のように後ろから脊髄が圧迫される病気など、多種の病気におよびます。
   
 図1 黄色靭帯骨化症
脊髄が後方から圧迫される
 図2 胸椎の後方部分を切除
脊髄への圧迫を軽減

目的と手術方法
 この手術の目的は、後方から胸椎の後方部分を切除して脊髄への圧迫を軽減することにより、背中・おなか・足にでている脊髄症状を予防あるいは軽減させることです。脊髄症状はしびれだけの場合もありますが、さわった感じがおかしくなったり、うまく歩けなくなったりする場合もあります。排尿障害や排便障害がでる場合もありますが、これらの症状の場所と程度は脊髄がどこで、どの程度圧迫されているかによって異なります。

 全身麻酔の手術で、キズは背中のまん中に10〜30cmできます。キズの長さは脊髄が圧迫されている範囲によって決まります。椎弓と呼ばれる背骨の後ろの部分を切除します。

 除圧:
 脊髄は硬膜と呼ばれる比較的丈夫な管の中で水に浮かんでいる状態になっています。圧迫されている部位では水の余裕が少なくなって脊髄が直接に圧迫されています。除圧手術の目的は脊髄に対する圧迫を少なくすることです。

 除圧に固定を追加:
 病気の種類によっては、脊髄への圧迫のみでなく、脊髄が圧迫されてその上、ゴリゴリこすられているために症状が出ている場合があります。その場合は背骨と背骨の間の動きを止めなくてはいけませんので、背骨の固定をする必要があります。金属を使って背骨を固定します。しっかりと骨をくっつけなければいけない場合には、腰骨から移植骨をもらって胸椎の横に移植します。

 後縦靱帯骨化症のように前から脊髄が圧迫されている場合には脊髄の左右から前の方に骨を取り足して、前へ回り込んで、脊髄を前方から圧迫している骨を取り除くことが必要です。

 これらの手術操作のうち、どこまでの操作が必要かは、手術前にMRIやCTなどの画像を調べ、さらに手術中の所見を合わせて手術中に判断いたします。

 原則的には早く離床していただきます。ふつうの場合は手術の翌日か、あるいは翌々日には離床していただきます。手術後に体幹装具(コルセット)が必要かどうかは手術の種類によって決まります。

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820