本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


顕微鏡下の腰椎椎間板ヘルニア摘出(Micro Discectomy,MD)

腰椎椎間板ヘルニア
  腰骨の椎間板は背骨と背骨の間をつなでクッションの働きをしています。しかし、年齢を重ねることや、腰部への負担が大きすぎることにより、椎間板は次第に機能を果たせなくなってきて(変性して)、一部の椎間板は破綻してきます。椎間板ヘルニアは椎間板の一部が後ろ(右図)、あるいは横後ろ、稀に横に出っ張った状態で、20歳代から40歳代の人に多く発症します。
 ヘルニアが出っ張って神経を圧迫すると、その神経の領域に痛み・しびれ・筋力低下などの症状が引き起こされます。 

目的と手術方法
  この手術の目的は、出っ張ったヘルニアを取り除いて、腰痛や殿部痛・下肢の痛み・しびれを軽減させることです。椎間板の変性自体を治すことはできませんので、この手術で椎間板自体を若返らせることはできません。

 手術用の顕微鏡で拡大して見ることにより細かい構造を見やすくなります。そのため私たちは、手術用の顕微鏡を使って手術を行っています。顕微鏡を使う手術は、内視鏡の手術と比べてもキズの大きさや侵襲の大きさはほとんど変わりません。

手術のキズは、腰のまん中に2から4cmの長さで縦にできます。神経を押しているヘルニアを小さな器具でつまんで取り除きます。皮内縫合で皮膚を縫います。

手術後は、原則的には早く離床していただきます。ふつうの場合、この手術では次の日にドレーンを抜いて、座位・歩行などを始めていただきます。 

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820