本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


後方腰椎椎体間固定(Posterior Lumber Interbody Fusion,PLIF)
ペディクルスクリュー固定

腰椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板症
 腰骨の椎間板は背骨と背骨の間をつなでクッションの働きをしています。しかし、年齢を重ねることや、腰部への負担が大きすぎることにより、椎間板は次第に機能を果たせなくなってきて(変性して)、一部の椎間板は破綻してきます。椎間板ヘルニアは椎間板の一部が後ろ、あるいは横後ろ、稀に横に出っ張って神経を圧迫した状態です。その神経が支配している領域の痛み・しびれ・筋力低下などの症状が引き起こされます。椎間板に体を支える力がある場合にはヘルニアを摘出する手術で済みますが、椎間板が既に体を支える力を失っている場合には、椎間板を骨に入れ替えて体を支える力を回復させる必要があります。
 椎間板が体を支える力を失って腰痛などの症状をひき起こしているが、ヘルニアにはなっていない状態を椎間板症と呼んでいます。

腰部脊柱管狭窄症
 椎間板の変性があまりにも進行しますと「お餅」を上下につぶしたような形になり、椎間板全体が後ろに出っ張って神経の通る管が狭くなった状態になり、脊柱管狭窄症と呼ばれます。変性すべり症は、背骨がずれたことにより脊柱管が狭くなった状態で、脊柱管狭窄症の中に含まれます。圧迫される神経により足の痛み・しびれ・足の筋力低下・会陰部のしびれ・排尿障害・歩行障害とくに「間欠性跛行」などの症状が引き起こされます。

 腰椎分離すべり症・腰椎形成不全性(先天性)すべり症・腰椎圧迫骨折による神経圧迫などにも、この手術が行われます。

すべり症
 椎間板のささえる力が低下し、さらに背骨の後ろにある関節(椎間関節)も支える力をなくしますと、背骨がずれる病気が起こります。腰骨がずれる病気を腰椎すべり症と呼びます。背骨がずれると、背骨の中にある神経が通る管が食い違ってしまう結果、脊柱管狭窄と同じ状態になり、腰痛のほか、足の痛み・しびれ・足首や足の指の筋力低下・会陰部のしびれ・排尿障害・「間欠性跛行」などの症状が引き起こされます。

目的と手術方法
 後方腰椎椎体間固定(PLIF)の目的は、椎間板ヘルニア、神経の癒着、脊柱管狭窄、腰骨のすべりによる脊柱管狭窄などによる症状を軽減させることです。
 腰骨の機能は神経を中に包んで保護する機能と、体を支える機能の二つに分けられます。この手術法は、両方の機能が損なわれたときに役に立ちます。

 手術のキズは、腰のまん中に6〜10cm縦にできます。キズの長さは手術が必要な場所の長さによります。
 神経を除圧したあとに、椎間板の間に骨を移植します。ペディクルスクリューと呼ばれる金属で内部を固定します(図2)。

 手術後は、原則的には早く離床していただきます。通常の場合、手術の翌々日に、座位・歩行などを始めていただきます。手術後はコルセットが必要です。
   
 図1  図2

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820