本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


経皮的髄核摘出(Percutaneous Nucleotomy,PN)

腰椎椎間板ヘルニア
 腰骨の椎間板は背骨と背骨の間をつなでクッションの働きをしています。しかし、年齢を重ねることや、腰部への負担が大きすぎることにより、椎間板は次第に機能を果たせなくなってきて(変性して)、一部の椎間板は破綻してきます。椎間板ヘルニアは椎間板の一部が後ろ、あるいは横後ろ、稀に横に出っ張った状態で、20歳代から40歳代の人に多く発症します。
 ヘルニアが出っ張って神経を圧迫すると、その神経の領域に痛み・しびれ・筋力低下などの症状が引き起こされます。

目的と手術方法
 この手術の目的は、出っ張ったヘルニアの基部を減圧して、腰痛や殿部痛・下肢の痛み・しびれを軽減させることです。椎間板の変性自体を治すことはできませんので、この手術で椎間板自体を若返らせることはできません。

 ヘルニアのあるほうを上にして横向きで寝ていただきます。腰と膝を曲げて背中を丸めるようにして寝て下さい。X線透視を使います。
 局所麻酔をしたのち、腰の横を5mmほど切って細いガイド針を刺入します。やや太めの針を上にかぶせる操作を繰り返して針を太くしたのち、直径4−5mmの外筒を設置します。その外筒を通してヘルニアの基部の椎間板を摘出します。当院での摘出方法はレーザーを使用しないで、パンチでつまみ取る方法を採用しており、健康保険が適応されます。

 この手術の長所は、局所麻酔で行われる小さな手術であることです。痛みも少なく、体への負担も少なくて済みます。短所は、間接的な手術であることから必ず良くなる保証をしがたいことです。過去の例では、10人中8人は良い結果があ得られましたが、2人は効果が不十分で、追加手術が必要になりました。年齢が大きくなるにしたがって椎間板が固くなり、効果が得にくいようです。
 通常は手術操作にそれほど痛みは伴わず、10歳代(最年少は12歳)の患者さんもこの手術を受けています。

 手術後は、原則的には早く離床していただきます。通常の場合、手術の当日から歩いてトイレにいけます。

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820