本文へスキップ
HOME 専門とする病気 主な手術方法 主な検査方法 主な著書 お問い合わせ


脊髄腫瘍・馬尾神経腫瘍摘出

 背骨のうち、首の部分を頚椎、背中の部分を胸椎、腰の部分を腰椎と呼びます。頚椎と胸椎の神経は脊髄で、腰椎の神経は馬尾神経です。脊髄腫瘍・馬尾神経腫瘍摘出手術をおおまかに言いますと、頚椎・胸椎・腰椎の背骨の後方部分を切除して神経を見えるようにしたのちに、脊髄や馬尾神経を圧迫している腫瘍を取り除く手術です。
 通常は背骨の後ろの部分を取り除いて手術を進めます(椎弓切除)。腫瘍が取りやすい大きさ・形であれば後ろの部分の骨を一部残して支持性が低下しにくいように工夫した椎弓形成で手術を進めます(椎弓形成:後方の背骨の一部・あるいは半分を残して背骨の支持性をできるだけ温存する方法)。いずれの方法を行うかは、腫瘍の大きさや手術が必要な部位によって決まります。
   
図 脊髄腫瘍 

目的と手術方法
 この手術の目的は、後方から背骨の後方部分を切除して脊髄や馬尾神経を圧迫している腫瘍を取り除いて、背中・おなか・足に出ている神経症状を予防あるいは軽減させることです。
 脊髄が圧迫された場合の症状は、痛みやしびれだけの場合もありますが、さわった感じがおかしくなったり、うまく歩けなくなったりする場合もあります。排尿障害や排便障害が出る場合もありますが、これらの症状の場所と程度は神経がどこでどの程度圧迫されているかによって異なります。手術により、こららの症状がどの程度良くなるかは、腫瘍により脊髄や馬尾神経がどの程度圧迫されているかによります。

 腫瘍そのものの性質を知るには、摘出した腫瘍を調べることによってのみ可能ですので、手術で腫瘍をまず、摘出する必要があります。腫瘍の性質を確定するのは腫瘍の病理検査ですので、腫瘍が良性か悪性か、良性としても他の部位に転位・播種しやすいかどうか、悪性の場合にはどの程度の悪性度かは腫瘍の実質を調べないと確定できません。

 脊髄腫瘍・馬尾神経腫瘍はゆっくりではありますが、徐々に大きくなりますので、神経症状が出た時点ですでに手術を受けるほうが良いと考えられます。

 
主な手術方法
 
関連施設
 
吉田整形外科病院
 

五ヶ丘整形外科
リハビリテーションクリニック
 

 豊田人工関節
股関節疾患センター
 
個人情報について
 
医療法人 慈和会
吉田整形外科病院
愛知県豊田市御立町7−100
TEL0565−89−1818
FAX0565−89−1820